姥姥(まあま)ラーメン 三条店

  • 2023年7月8日
  • 2023年7月8日
  • 新潟県
  • 350view

                 

姥姥(まあま)ラーメン写真

◎料理写真

◎店内写真

◎外観写真

>>その他の写真はこちら
    
    
    

姥姥(まあま)ラーメン動画

     
    
     

姥姥(まあま)ラーメングルメレポート

今回は新潟県三条市にあります、
“姥姥(まあま)ラーメン 三条店”さんをご紹介します。
            
“姥姥”と書いて”まあま”と読みます。
新潟五大ラーメンのひとつである、
「燕三条系背脂ラーメン」
を看板メニューとしているお店です。
           
地元のお客さんや常連の方が8割以上を
占めているという超がつくほどの地域密着型店舗、
姥姥というのは中国語で「おばあちゃん」という
意味だそうで、
おばあちゃんのように温かくてアットホームなお店を
イメージしたコンセプトになっているんだとか…
             
そして姥姥ラーメンさんの1番の特徴は、
背脂に焦がし醤油を掛け合わせた
燕三条系背脂ラーメンがいただけるところです。
さらに温度管理の徹底や時間をかけて作られた
自家製麺の麺もウリとなっています。
          
訪問時は休日のピークタイムである
12時過ぎの到着でした。
5人ほど待ちが出来ていましたので、
後続に接続し、15分ほどでカウンター席へ
案内いただきました。
メニュー表から店員さんへ口頭注文制となっており、
今回は1番人気メニューである
“こがしこってり玉ねぎ”と”餃子ライス”を注文しました。
           
店内はカウンター席とテーブル席になっており、
広々とした家族連れが来やすい空間と雰囲気でした。
駐車場もお店の裏側に止められ、
15台前後スペースがありました。
店員さんの温かく活気ある接客もポイントです。
             
10分と少ししてラーメン登場です。
着丼した瞬間から感じる香ばしい薫香か香りがします。
たっぷりの背脂と玉ねぎが印象的な中、
早速スープを1口いただいてみましょう…
            
これは美味しい…!
燕三条系背脂ラーメンの代表的店舗である、
“杭州飯店”さんや”大むら食堂”さんとは全く異なり、
醤油と魚介の旨味がしっかりと舌先を包み込む味わい、
そこに燻製の香りがガツンと加わるので、
他では食べられない唯一無二のスープです。
              
麺は自家製の中太ちぢれ麺です。
ビジュアルからも分かるように、
食べてみるとぷりっぷりでもちもち食感です。
スープの絡みつきも言うまでもなく秀逸で、
小麦の風味も重なった洗練された味わいでした。
                  
トッピングは、
チャーシュー、玉ねぎ、青ねぎ、メンマの
ラインナップでした。
                
シャキシャキとした玉ねぎは
スープに強烈なアクセントを与えてくれましたし、
背脂の甘みも重なった1番特徴的なトッピングでしたね。
             
餃子ライスもしっかり喰らいます。
ぎゅっと具材が詰まった野菜多めの餃子は
ライスとの神がかった相性を生んでくれます。
               
あっという間の完食です。
燕三条系背脂ラーメンということで、
すぐ近くには有名店である
“いこい食堂”さんや”らーめん 鯉次”さん
などがありますが、
それぞれのお店でも食べられない唯一無二の
背脂ラーメンをいただくことが出来ました。
               
ラーメン激戦区・三条エリアにて
オリジナリティー溢れる美味しいラーメンが
いただけたということで、
              
「やばかったっす」
訪問日:2023年01月02日
(投稿日:2023年5月17日 投稿者:𝐑𝐚𝐦𝐞𝐧 𝐬𝐚𝐤𝐮𝐬𝐚𝐤𝐮さん)

     
    
    

姥姥(まあま)ラーメンメニュー

     
   
    

姥姥(まあま)ラーメン備考

・禁煙・喫煙/ 全席禁煙
・駐車場/ 17台
        
    
    

姥姥(まあま)ラーメン情報

営業時間/ 11:30~14:30・17:30~22:00、(土日祝日)11:00~14:30・17:00~22:00
定休日/ 火曜休
        
住所/ 〒955-0046 新潟県三条市興野3-17-2
電話/ 0256-34-6369