中華そば 白水(長野県長野市西鶴賀町)

  • 2023年8月12日
  • 2023年8月13日
  • 長野県
  • 57view

〜創業60年以上!女将さんが作る至高の中華そば!〜
長野県内にあります、
80歳を越えるおばあちゃんが作る
絶品中華そば

                 

中華そば 白水写真

◎料理写真

◎店内写真

◎外観写真

>>その他の写真はこちら
    
    
    

中華そば 白水動画

     
    
     

中華そば 白水グルメレポート

今回は長野県長野市にあります、
“中華そば 白水”さんをご紹介します。
            
1961(昭和36)年に創業、
60年以上の歴史を誇ります。
                
長野県のラーメン界隈や同業者の方々で有名な
知る人ぞ知る名店といっても良いでしょう。
                
もともとご主人と始めたラーメン屋さんでしたが、
ご主人が天国に旅立たれてから、
遺されたレシピを守り続けながら奥さんが
お店を切り盛りされています。
             
90歳近いおばあちゃん、
少しお話させていただきましたが、
本当に80代には見えないお若い姿。
気さくで常連さんと楽しくお話もされていて、
本当に名店たる所以も大の納得です。
             
訪問時は平日のピークタイムとなる
19時半頃の到着でした。
薄暗い路地にお店があり、一際目立つ看板と
年季の入った暖簾が印象的です。
看板が光っていれば営業している合図なんだとか…
               
入店し、カウンター席へ案内いただきました。
メニュー表を見て注文するスタイルで、
創業から続く”中華そば”をお願いしました。
                 
店内はカウンター席のみとなっていて、
入店した瞬間から昭和にタイムスリップしたかのような
年季の入ったテーブルや雰囲気…最高すぎます。
              
10分ほどしてラーメン登場です。
見た目から感じる間違いないを確信させるビジュアル、
琥珀色に輝くスープを1口…いただきます。
                 
美味い…美味すぎる…!
これぞシンプルイズベスト。
醤油のふわっとした旨味と鶏の味わいが
しっかりと舌先を包み込む味わい、
奥さんの温かい気持ちも感じるような至高の美味しさ…
         
麺は細ちぢれ麺です。
柔らかながらも芯をしっかり感じる噛みごたえで、
スープとしっかり調和していました。
             
トッピングは、
チャーシュー、ねぎ、メンマ、ナルトの
シンプルなラインナップでした。
               
さくっと噛み切れる小ぶりの豚ロースチャーシューは、
チャーシューメンで注文したいと思わせるほどの
絶品トッピングでした。
                 
気づけばあっという間の完食完飲。
私が今まで巡ってきた町中華史上、
過去1番の感動と温かさを感じた白水さんでした。
まさに「信州の宝」。
               
長野駅近くにて至極の中華そばと
素晴らしい人柄をお持ちな奥様と出逢えたということで、
             
「やばかったっす」
訪問日:2023年01月13日
(投稿日:2023年7月24日 投稿者:𝐑𝐚𝐦𝐞𝐧 𝐬𝐚𝐤𝐮𝐬𝐚𝐤𝐮さん)
           
    
    

中華そば 白水メニュー

中華そば
大盛
チャーシューメン
ちゃんぽん
タンメン
五目中華
冷やし中華(6月~10月)
      
■お飲みもの
ビール(中ビン)
など
         
   
    

中華そば 白水備考

・席数/ 8席
・駐車場/ なし
        
    
    

中華そば 白水情報

営業時間/ 16:00~22:00
定休日/ 日曜・祝日
      
住所/ 〒380-0814 長野県長野市西鶴賀町1479
電話/ 026-233-2343