中華そば 共楽

  • 2023年7月18日
  • 2023年7月18日
  • 東京都
  • 13view

1956年オープン
東京都内にあります、
都心一等地にそびえる超が付くほどの
歴史ある一杯

                 

中華そば 共楽写真

◎料理写真

◎店内写真

◎外観写真

>>その他の写真はこちら
    
    
    

中華そば 共楽動画

     
    
     

中華そば 共楽グルメレポート

今回は東京都中央区にあります、
“中華そば 共楽”さんをご紹介します。
            
1956(昭和31)年に創業し、
65年以上の歴史を誇る超老舗店です。
・たいめいけん さん(三越前)
・一寸亭 さん(千駄木)
と並ぶ、「東京三大中華そば」の
1つとしても知られています。
          
共楽さんは創業当初、
屋台から始まったお店としても有名です。
初代からずっと銀座の地で営業しており、
2016〜2019年で3年間の休業があったものの、
ふたたび現在のお店へリニューアルました。
             
現在は2代目店主さんと
お若い息子さんの3代目で切り盛りされています。
お昼時間帯には連日行列ができるほど、
多くの方に愛される至極の中華そばがいただけます。
                
訪問時は平日のピークタイムである
12時過ぎの到着でした。
お昼時ということもあり4.5人ほどの並びが
ありましたのでそのまま後続へ接続しました。
3代目の方の案内をいただき15分ほどで入店、
カウンター席へ案内いただきました。
            
共楽さんは特殊な注文方法です。
店員さんへ注文を聞かれるので、
お金を渡して食券を代わりに買ってもらうという
スタイルです。
今回は王道の”中華そば”をお願いしました。
               
店内はカウンターとテーブル席になっており、
非常に格式と清潔感溢れるような造りでした。
店主さん同士のオペレーションも非常に良く、
丁寧な所作が印象的でした。
            
10分ほどでラーメン登場です。
「これが65年以上続く中華そば…!」
オイリーを感じさせるビジュアルで、
醤油感をしっかりまとったスープを
早速1口…いただきます。
           
うわああああ…美味い、美味すぎる!
見た目通りオイリーな口当たりに加えて、
甘みのあるすっきりとした醤油の味わいです。
旨みがどんどん広がっていく感じ、たまりません。
             
麺は中太のストレート麺です。
啜りやすさ抜群の柔らか食感で、
スープとの相性も抜群でした。
大盛りにすれば良かったと後悔…
             
トッピングは、
小ぶりチャーシュー、ねぎ、メンマの
シンプルなラインナップでした。
            
とにかくチャーシューが秀逸で、
味が染み込んでいたのがとても良かったですし、
メンマのコリコリ感、
そしてネギのスープへのアクセントも良かったです。
              
歴史ある一杯、あっという間の完食でした。
銀座という一等地にて800円で食べられるというのも
また素晴らしいですよね。
総じて、中華そば 共楽さんの最高の一杯、
          
「やばかったっす」
訪問日:2023年01月30日
(投稿日:2023年7月17日 投稿者:𝐑𝐚𝐦𝐞𝐧 𝐬𝐚𝐤𝐮𝐬𝐚𝐤𝐮さん)
         
    
    

中華そば 共楽メニュー

中華そば
竹の子そば
ワンタンメン
チャーシューメン
チャーシューワンタンメン
チャーシューワンタン(麺なし)
ワンタン(麺なし)
     
■トッピング
ワンタン増し
麺大盛(+50g)
麺特盛(+100g)
など
         
   
    

中華そば 共楽備考

・席数/ 16席(カウンター8席、テーブル席4×2)
・喫煙/ 禁煙
・駐車場/ なし
・開店日/ 1956年
         
    
    

中華そば 共楽情報

営業時間/ 11:00〜18:00、(土)11:00~16:00
定休日/ 日曜・祝日
         
住所/ 〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-12
電話/ 03-3541-7686