中華そば 湯の台食堂 にかほ本店(秋田県にかほ市象潟町横岡目貫谷地)

  • 2023年10月17日
  • 2023年10月17日
  • 秋田県
  • 29view

〜秋田の名店!全て手作りの至高の中華そば!🍜〜
秋田県内にあります、
県内トップクラスかつ全国からお客さんが来る
名店中の名店

                 

中華そば 湯の台食堂 にかほ本店写真

◎料理写真

◎店内写真

◎外観写真

>>その他の写真はこちら
    
    
    

中華そば 湯の台食堂 にかほ本店動画

     
    
     

中華そば 湯の台食堂 にかほ本店グルメレポート

今回は秋田県にかほ市にあります、
“中華そば 湯の台食堂 にかほ本店”さんをご紹介します。
          
秋田県最南端の町として知られ
県内唯一の “ひらがな” 表記の自治体で有名なにかほ市。
         
悠然とそびえる鳥海山のふもとにあり
あたり一面田園が広がる場所にお店があります。
車での訪問が必須となります。
           
2017(平成29)年10月にオープンされました。
もともとはラーメン屋ではなく同じ「湯の台食堂」として
店主さん家族を含めた近所4軒が合同で
飲食店をされていたそうです。
               
店主の佐々木さんは田舎が廃れていくと感じ、
自ら一念発起してラーメン屋としてスタート。
東京の名店 「麺や 七彩」 さんでご修行を積まれ
独立を叶えられました。
          
スープから麺、なにもかも全て “手づくり” で
一杯を完成させているのが湯の台食堂さんの特長です。
この一杯を求めて全国各地からお客さんが訪問し
連日大行列を作る人気っぷりとなっています。
          
訪問時は休日ピークタイムが過ぎた
14時半頃の到着でした。
閉店間際ということもあってか運良く待ちなしで入店でき
食券機で食券を購入し
テーブル席へ案内いただきました。
王道の “中華そば醤油 (小) ” を注文しました。
             
店内はカウンター、テーブル、座敷席があり
家族連れにも嬉しい広々とした空間でした。
壁側にはたくさんの著名人のサインもありました。
            
10分ほどしてラーメン登場です。
薔薇柄の美しい丼に鴨肉やトッピングなど
豪華に彩られたビジュアルです。
期待に胸を膨らませながらスープを1口…いただきます。
             
うわあああ美味い!
ガツンと醤油の旨味が先行するファーストタッチ、
コクも凄まじく火入れしない生醤油を使用している
とのことです。
やみつきになりますね、美味しい!
         
麺は太ちぢれ麺です。
もっちもちで弾力ある噛みごたえが印象的です。
七彩さんや喜多方ラーメンを彷彿とさせ、
県内小麦 “銀河のちから”を使用している自家製麺です。
機械で打ったものを、茹でる前に手揉みで不揃いにして
様々な食感を作り出すことで飽きさせない麺を
完成させているそうです。
              
トッピングは
鴨肉チャーシュー、肩ロースチャーシュー、
ほうれん草、ネギ、メンマのラインナップでした。
            
鴨肉チャーシューは今まで私が食べてきた鴨中で
間違いなくトップクラスに入る美味しさでした。
口に運んだ瞬間に肉の旨味はもちろん
薫香が鼻を抜ける圧倒的な美味しさに感動しました。
     
ド肝を抜かれた至高すぎる一杯でした。
店員さんの接客も暖かく感動です。
秋田を代表する名店、間違いないでしょう。
              
「やばかったっす」
訪問日:2023年09月02日
(投稿日:2023年10月15日 投稿者:𝐑𝐚𝐦𝐞𝐧 𝐬𝐚𝐤𝐮𝐬𝐚𝐤𝐮さん)
            
    
    

中華そば 湯の台食堂 にかほ本店メニュー

肉そば 醤油
肉そば 塩
中華そば醤油
中華そば塩
など
     
   
    

中華そば 湯の台食堂 にかほ本店備考

・禁煙・喫煙/ 全席禁煙
・駐車場/ 10〜15台程
        
    
    

中華そば 湯の台食堂 にかほ本店情報

営業時間/ 11:00〜15:00
定休日/ 月曜日、第三火曜日
    
X/ https://twitter.com/yunodaisyokudou
Instagram/ https://www.instagram.com/yunodai1003/
     
住所/ 〒018-0151 秋田県にかほ市象潟町横岡目貫谷地1−251
電話/