らぁ麺 恋泥棒

  • 2022年8月17日
  • 2022年9月10日
  • 東京都
  • 165view

2022年9月1日(木)オープン

                 

らぁ麺 恋泥棒写真

◎料理写真

◎店内写真

◎外観写真

>>その他の写真はこちら
    
    
    

らぁ麺 恋泥棒動画

     
    
     

らぁ麺 恋泥棒グルメレポート

「らぁ麺 恋泥棒」の特製醤油らぁ麺。
中目黒にできた新店。2022年9月1日オープン。場所は中目黒駅の高架下。あの名店『支那そばや』がプロデュースの新店舗。前店舗の「寿司の磯松 中目黒店」がコロナ禍で休業しがちになったり、人出が不足になったりした経緯から、支那そばやを運営する「サノフード」代表の佐野しおりさんが物件を閉めることにして、この新店の開店に至ったという。お祝いの花には「支那そばや」をはじめ、佐野JAPAN関連(「BOND OF HEARTS」代表、「すぎ本」「Due Italian」「ベジフル・スパイス(「胡心房」女将のカレー専門店)」など)、「金色不如帰」、「麺や維新」などなど幅広い人望を集めている。ラーメンメニューは醤油らぁ麺と塩らぁ麺の2本柱。サイドメニューにはチャーシューごはん 、鮭ぶしおかかめし 、玉子かけごはん、白米がある。今回はラーメンメニューに絞り、醤油らぁ麺の特製(特製醤油らぁ麺)をいただいた。
 スープは清湯醤油で、支那そばやの味わいをベースに北海道のブリ節で深みを加えたもの。山水地鶏、九州産の豚骨、北海道昆布なども使用とのこと。ブリ節の影響か独特な風味も感じられるが、出汁が非常に豊かで素材の旨味をしっかり活かしている。支那そばやスープのネクストレベルという感じだ。めちゃくちゃ美味い!麺は中細ストレートで「春よ恋」を使用。加水率高めでしっとりしなやかな口当たりは支那そばやらしさを残している。風味も非常に良く安心安定の美味さだ!具材はチャーシュー、ワンタン、メンマ、ネギ、海苔、ハート型のお麩、味玉。チャーシューは豚バラが2枚入っており、なんと平田牧場の金華豚を使用。素材のこだわりが佐野実さんの意志を引き継いでいるかのようだ。味付け良く脂身も良好で本当に美味い!ワンタンは2つ入っており、ちゅるんとした柔らかめの皮と上質でとろける口当たりが心地よい肉餡が非常に絶妙で本当に美味い!メンマも平板タイプで上質感あり。ネギは九条ネギで笹目切りされシャキ食感が心地よい。海苔は風味良いもの。ハート型のお麩は佐野しおりさんらしい女性観点のトッピングだ。味玉はマキシマム濃い卵っぽいオレンジ色の黄身でしっとりゼリー状。白身も柔らかくめちゃくちゃ美味い!
 素材のこだわりが支那そばやらしく、支那そばやを進化したような秀逸な一杯でした。めちゃくちゃ美味かったです!高品質な素材が敷き詰められているのはまさに支那そばや系譜で、佐野実さんの意志をしっかり引き継いでいる気がします。醤油・塩ともデフォが1100円で、特製が1600円とかなり高額ですが、ラーメン1000円時代でもあるので、素材や隙の無い一杯を考えると仕方ないのかもしれませんね。もちろん塩らぁ麺もいただきたいです。お腹に余裕があったらサイドメニューも追加で。中目黒はよく行くので、近日中に再訪したいと思います。
(投稿日:2022年9月10日 投稿者:KiKiさん)
           
    
    

らぁ麺 恋泥棒メニュー

味玉醤油らぁ麺
わんたん醤油らぁ麺
三元豚チャーシュー醤油らぁ麺(肩ロース)
特製醤油らぁ麺
味玉塩らぁ麺
わんたん塩らぁ麺
三元豚チャーシュー塩らぁ麺(肩ロース)
特製塩らぁ麺
     
■ご飯物
チャーシューごはん
鰹ぶしおかかめし
卵かけごはん
白米
など
          
   
    

らぁ麺 恋泥棒備考

・喫煙/ 禁煙
・駐車場/ なし
・開店日/ 2022年9月1日(木)
        
    
    

らぁ麺 恋泥棒情報

営業時間/
定休日/
     
Instagram/ https://www.instagram.com/ramenkoidorobou/
     
住所/ 〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-5-25
電話/